大手(アコム、アイフル、プロミス等)から審査の甘い中小まで全国業者をピックアップ

「即日融資を受けるためには」

頭を抱える女性

即日融資を受けなければならない状況。

 

それは、切羽詰まってどうしようもない時です。

 

このような時ほど冷静な対応が大切です。
できることなら第三者に相談することで良い方法が浮かんだり、
冷静さを取り戻すことができるかもしれません。

 

焦らず、冷静に、その状況において「一番良い判断」をすることが大切になります。

 

また即日融資を受けるときに、「どの」項目を優先するかを予め、決めた方がいいでしょう。
・低利息
・最大融資金額
・スピード入金
・審査が甘い
・主婦・学生・フリーター向け
など、自分の重視する項目で、会社を決めてみましょう。

 

即日融資の優先事項

 

チェックボタン

お金が必要なときに、すぐお金を手元に置く代表的な方法としては「消費者金融」があげられます。

 

高額よりも小額の融資の利用が多い消費者金融ですが、年利率が高いので、借り入れてからいかに短期間で返済し、負担を軽くするかどうかがカギになってきます。

 

また、初めての場合お金を借りてから数日間は利息無料のサービスをしている業者もあるため「借りたらすぐ返す」を実践できれば、本当に最小限の負担で利用することができます

 

最近は、金融機関の店舗に行かなくてもインターネットから手続きができ、審査に通るとその日のうちに現金を借りることができます。

 

即座に現金の引き出しを希望するのであれば、できるだけ午前中に貸借の手続きを完了することが即日融資を受けるための秘訣です。

 

また、消費者金融は貸し出しできる金額の上限が決まっており(総量規制)、借り手個人の年収入の1/3までと決められています。

 

そのため、一定の収入のない学生や専業主婦などは、借りたくても審査に通らない
逆に消費者金融側も貸したくても貸せないというのが現状です。

 

しかし、この規制は「借りすぎ、貸しすぎ」を防ぐための大切な規制です。

 

 

 

チェックボタン

即日融資も希望するが、年収入に応じてしか借りられないのは困るという人や「消費者金融」と言われると少し抵抗があるという人などは、銀行のカードローンという方法もあります。

 

銀行はもともと個人向けの融資はしていませんでしたが、大手消費者金融を傘下に抱え、そのノウハウとビジネスモデルを吸収したことで個人向け融資を扱うようになりました。

 

これは「銀行が取り扱う融資」であるため総量規制は適応されておらず、一定の収入がない専業主婦も利用できるカードローンが存在します。

 

銀行は総量規制の対象ではありませんが、融資金額の上限は定められています。
そして肝心の審査は消費者金融よりも厳しいのが実情です。

 

最近の銀行カードローンは各社、独自の方法で審査が行われるようになり、審査スピードも速く、即日融資が可能です。

 

 

小額よりも高額の融資を希望するときに利用するほうが良い傾向がありますが、返済の方法にリボルビング払い(毎月一律の金額を払う)を採用しているところが多いため、返済の計画を立てず、借入れの期間が長くなれば、返済が困難になることがあるため、やはり「借りたらすぐ返す」を心掛けておくことが大切になります。


 

リボ払いは、払い方の種類が多く、それぞれ方法が異なるためしっかりと納得したうえで利用しなければなりません。

 

カードローンにはいくつかの種類があり、大型のスーパーマーケットや百貨店などで作られている流通のカードローンおよび信販(信用販売)のカードローンがあります。

 

買い物などの支払いでよく利用され、融資の目的は重視されていなかったため、一般的に作りやすいカードであることから、流通や信販のカードローンを利用してお金を借りると利子率が高めに設定されています

 

消費者金融とカードローンの違い

 

所有物の売却

融資ではありませんが、いち早く現金を手に入れる方法としては「所有物の売却」があります。

 

大きな物では、自動車やバイクもありますが、即日金銭を手に入れるのはなかなか難しいですね。

 

お金の画像

よく利用されているところは、

  • アクセサリーなどの買い取り専門店
  • 質屋
  • リサイクルショップ
  • 古本買い取り店

などがあげられます。

 

ブランドのアクセサリー、時計、バック、靴、財布などは、ある程度の期間生活を凌ぐ金額にはなります。

 

質屋はリサイクルショップよりも期待できる金額になることが多いようです。
本の売却は、保存具合や連載物の揃い方、作品の人気が大きく影響してきます。

 

いずれも、買い取り専門店によって買い取り金額が大きく異なるため、できるだけ高額で売却するためには、買い取り専門店を詳細に調べ、見積もりを比較することが得策です。

 

品物によっても買い取り価格が異なるため、使用した品物である場合は、できるだけ綺麗な状態に手入れをして、査定をしてもらうことが良いでしょう。

 

 

友人・知人からの借用

友人にお金を借りることは、できるだけ避けた方が良いでしょう。
想像する以上に、貸し手と借り手の気持ちの差が大きいのです。

 

友人間でお金の貸借があり、2・3日で完済され貸借関係が終了した場合でも、借り手は2・3日でお金を返したことに対して「すぐに返して良かった」と思うそうですが、貸し手は、お金を貸したということが記憶に残り、たとえ2、3日での返済であっても「すぐに返してもらった」という気持ちにはならないそうです。

断りきれない女性イメージ

 

また、親しければ親しいほど「お金を貸したくない」と思う人が多いようですが、実際には、その気持ちが伝えられないことも少なく、言われるがままに貸してしますパターンが多いかと思います。

 

友人間でのお金の貸借をする場合は、お金の貸借理由を明確にして、他に方法はないかをよく話し合い、どちらにも偏りのない第三者を交えてきちんと「金銭借用証書」を作成し返済方法を決めたうえで行うことが望まれます

 

金融機関から貸借する場合と同じように利息を決めることも、馴れ合いにならない良い方法の1つですね。

 

そして、貸借時には、現金を受け渡すのではなく銀行口座に振り込むなど記録に残る方法をとることで明確な記録が残り後々のトラブルを避けることができます。

 

 

 

家族・親族間

家族間でのお金の貸借は気軽に行えそうですが、実は多くの危険が潜んでいます

 

まず、親族間でのお金の貸借は、お金の貸借が証明できなければ「贈与」と見なされ、贈与税がかかります

 

親子だから、兄弟姉妹だからといって、お金の貸借をうやむやにしないことが大切です。

 

兄弟姉妹間でのお金の貸借は、結婚して、それぞれ家庭がある場合は特にお互いの家族同士で貸借理由を明確にし、他に方法がないかを話し合い、お金の貸借をしなければならない場合は「金銭借用証書」を作成し、返済方法を明らかにし、馴れ合いにならないように最前の注意を払わなければなりません。

 

家族(身内)間は、亀裂が入ると、もとに戻らないこともありますのでここも最前の注意が必要です。

家族・友人間の融資の注意点

 

 

お金の貸借は、人生を一転させることもあります。

 

急にお金を要しても、焦らず、冷静に、できれば誰かに相談して、適切な判断のもとで返済計画を立て、お金の貸借を行うことを心掛けましょう!

 

 

資金調達先に困った経営者の方なら、ファクタリングという手段もあります。
ファクタリング会社選びで失敗しないために、しっかりと比較検討することが大切です。

ファクタリグ会社比較サイト