即日融資で消費者金融やカードローンを利用するときは、それぞれの特徴を見極めることが大切です。

消費者金融とカードローン

消費者金融やカードローンにはそれぞれ特徴があるため、お金が必要になった状況をはじめ、あらゆる条件を考慮して、冷静に判断して利用することが望まれます。

 

消費者金融から借りることができる金額には制限があります。

 

したがって、宣伝広告などで「上限300万円まで借入れ可能」と記載されていても、実際に300万円を借りられるわけではありません。

 

「総量規制」という規制があり、お金の借り入れは個人(借り手)の1年間の収入の1/3までと決められています。

 

たとえ何件かの消費者金融に分けてお金を借りた場合でも、その借りたお金の合計は、1年間の収入の1/3まででなければなりません。

例えば、年収入が300万円の場合、借りられる金額の総合計は100万円までということです。もし300万円を借りようとすると、年収入は900万円でなければなりません。

 

このことから、仕事を持たず定期的な収入がない主婦の場合、個人での借り入れは困難です。

 

しかし「総量規制」は借り手にとっては借り過ぎ、貸し手にとっては貸しすぎを防止するための規制であるため、借りられないことを困難だと思わず、返済で苦しまなくて済むと理解し、状況に適した借り方を冷静に判断して決めることが望ましいと考えられます。

 

 

消費者金融の審査は、比較的通りやすいです。

かつて貸借の経験がある場合は返済状況などが参考になり、ほとんどの場合、借り入れ希望の金額が1年の収入の1/3までかどうかが審査の対象になります。
審査に通りやすいが故に利子率が高く設定されているため、借り入れは小額で短期間で返済するとあまり負担を掛けずに利用できます

 

カードローンは、いくつかの種類があります。

お金を借りる際によく利用されるカードローンとして、主に消費者金融のもの銀行のものがあげられます。

 

銀行のカードローンについては、借入れ金額は年収入の1/3までという制限(総量規制)はなく、基本的に借りる金額が高くなればなるほど利子率が低くなるため、少し高額の借り入れの場合に利用されることが多いです。

 

「高額の借り入れ」と言っても、融資限度額は銀行ごとに異なりますが、500万円に設定しているところや800万円のところもあります。

 

また、銀行のカードローンは総量規制が適応されていないため、定期的な収入がない主婦も利用することができます。

 

しかし、銀行のカードローンは、審査が厳しいことで知られています。

 

別のところからお金を借りていないか、借りているならば、いくら借りているのか、借りた金額を返すことができるのか、などが審査の対象となっています。

 

審査は厳しいですが、利子率が比較的低く設定されていることが、利用される要因の1つです。
銀行のカードローンは、小額の借り入れよりも高額の借り入れが必要なときに利用するほうが効率が良いとされます。

 

計画的に借り入れ、なるべく早く返済するとより効率が良いのです。

 

 

 

消費者金融やカードローンを利用してお金を借りるときは、それぞれの特徴を見極めることが大切です。


 

消費者金融

審査が通りやすく利用しやすい印象を受けますが、借りることができる金額は1年間の収入の1/3までと定められた総量規制が適応されています。

バツマークを持つ主婦

そのため定期的な収入のない主婦などは消費者金融でお金を借りることは困難です。
しかし、利子率も高いため、たとえ小額しか借り入れてない場合でも、気が付かないうちに借金が膨らんでいることがあります。
総量規制によって守られている範囲で、計画的に返済の見通しを立て、お金を借りることが望ましいと考えられます。

消費者金融のメリットについて

 

銀行のカードローン

審査は難しいですが「銀行から借りる」という安心感があるとともに比較的利子率が低く設定されています。

マルマークを持つ主婦

借りることができる最高額を規定している総量規制も適応されていないため、定期的な収入のない主婦も借り入れができます
貸し出される金額も10万円ぐらいから500万円ぐらいまで用意されていますが、基本的に返済が、リボルビング払い(月々に一定の金額を支払う)であるため、必要以上のお金は借りず、なるべく早く返済すると負担が少なくなります。

カードローン系のメリットについて

 

急にお金が必要になったとき、どこにどのような形で借りるのかなど、借りる金融機関の条件や手続きなどを考えるのは手間がかかり、時間が惜しいかもしれません。

 

しかし、後の返済のことを十分に考えることが、お金を借りるうえで大切になってきます。