銀行、消費者金融、流通、信販、ITの種類のメリットをわけてみました。

カードローン系のメリット

概して、カードローンの種類は

に分けられます。

 

カードローンの仕組み

基本的に、借りたい金額を一度に借り入れるのではなく、一定の金額の範囲内で自分がお金を借りたいときに借り入れ、返したいときに返すことができるようになっています。
返済についても一括よりリボルビング返済(毎月一律の金額を払う)が多いため、短い期間で貸借する方が無駄がありません。

 

銀行のカードローンは、審査が厳しく、時間がかかるという印象をもたれてきました。
しかし近年、審査の制度が良くなり、手続きをしたその日からお金が借りられる(即日融資)ように体制も整い始めました。

 

どこでも同じように、すぐに借りられるようになると、注目すべきは「利子率」です。
銀行のカードローンは、比較的低く利子率が決められていると言われています。

 

また、通常の銀行口座を持っており、公共料金などの支払いや給料などの振込みを利用していれば、表示されている利子率よりさらに厚遇な率を提供してもらえることもあります

ATMを利用する男性

 

さらに、借り入れることができる金額の上限も高く設定されており(だいたい500万円。多いところで800万円)、この範囲内であれば現金自動預払機(ATM)で自由にお金を借りることができます

 

また、借りる金額が大きければ大きいほど、利子率が低くなるため、借りる金額が大きい場合は、銀行のカードローンを利用する人が多いようです。

 

そのうえ、総量規制(借入れ金額の限度は年収入の1/3まで)の対象外でもあります。

 

 

銀行のカードローン

一定の収入があれば審査も通過しやすく、借り入れ金額が大きい場合は利子率も低く、銀行口座を利用しているとさらに厚遇される場合があり、「銀行との貸借」という安心感があると言われています。しかし、銀行のカードローンの注意点は、小額の借入れで済むにもかかわらず、高額の方が利子率が低いことから、借入れ金額を引き上げて借りる人がいます。決して得策ではないため必要以上の借入れをしないことが望まれます。

 

消費者金融のカードローン

貸金業界では一番長く扱われているため、利用者の目線に近い位置から考えられてサービスが行われていると言われています。「手続きと同時にお金の貸し出し(即日融資)」の対応性に秀でています。利子率が高いため敬遠されがちですが、「利子0円」のサービス期間が設けられているため、小額で短期間の借入れに向いているローンですね。

 

流通のカードローン

普段利用している大型スーパーマーケットなどで作られているクレジットカードに付いている機能です。店独自のもので、複雑な審査がなく、カードの作成に時間を要さないことが作る人の年齢層の幅が広い理由の1つです。カードを利用することでポイントが増えるなどの工夫がされていることが多いです。

 

信販のカードローン

信販会社が作っているクレジットカードに付いている機能です。銀行のカードローンよりも審査が優しいと言われ、銀行と同じぐらい安心感を与え。

 

流通のカードローンも信販のカードローンも、新しくカードを作るなどの手間がなく、普段から使い慣れたクレジットカードを利用してお金の貸借ができるため、初めての人には使いやすいと言われています。
しかし、これらのクレジットカード自体が作りやすく、利用者が多いため、利子率が高く設定されています。
高額および長期の借入れには不向きでしょう。

 

ITのカードローン

インターネットでお金の貸借ができるため、人件費などが抑えられ、その分利子率が低く定められています。

 

 

すべての手続きがインターネットでできるため、インターネットが利用できるならば、時間も場所も問いません。今後さらに注目を集めていくでしょう。

 

 

いずれのカードローンも利用しやすくなっています。

カードローンは、一定の金額の範囲内で「借りたいときに借り、返したいときに返す」ことができ、また、返済の形は基本的に「リボルビング返済」であるため、貸借を把握しておかなければ、いつまでも返済が終わらないという事態を引き起こすことがあると言われています。

 

「ご利用は計画的に」というフレーズは、聞き慣れてしまい気にも留めませんが、深い意味が込められています。

 

お金の貸借をするときは冷静に見通しを立てることが望まれます。