消費者金融での返済期限は、いつでも返済できるので、お金がある時にまとめて完済することもできます。

消費者金融のメリット

消費者金融系でお金を借りようと思う理由の1つに「すぐにお金が借りられる」という「早さ」があげられます。

 

早いところでは、手続きから審査を経て、お金が貸し出されるまで30分ほどで完了します。
消費者金融系では、高額を貸し付けるというよりも主に個人相手に小額を扱うため、一定範囲の借入れであれば、担保や保証人を必要としない点も煩わしさを省き、早さにつながっています。

 

 

また、より早さを充実させる点に「審査」があげられます。
自動で行われるようになったため、数秒で審査を完了しお金の貸し出しに至ります。

 

近年、これらの手続きがインターネット(Web申込み)で可能になりました。
つまり、消費者金融に行く必要もなく、書類を取り寄せたり送る必要もありません。街頭に自動で手続きができる機械も設置されていますが、無人とは言え抵抗を感じる人は、この契約店舗にも行く必要はありません。

 

また、インターネットが利用できる限り、1日中時間や場所を問わず手続きができます

パソコンを触る女性

 

お金の貸し借りは、あまり口外したくありません。
人に知られることなく手続きができ、早いときには手続きをした日にお金を借りることができるという消費者金融系の利便性の高さが、利用者の心をとらえているのです。

 

返済についても、返済期限まではいつでもお金を返すことができるため、お金があるときにまとめて完済することも可能です。

この場合、早く返すことで利息が少なくて済みます。

 

返済するときも、消費者金融に行く必要がなく、コンビニや利用している消費者金融と同じ系列の銀行に設置している現金自動預払機(ATM)から返済できるため人に知られることはありません。

 

消費者金融によっては、お金を借りてから決められた期日までは「利子0円」というサービスをしています。
多くは、初めて手続きをする借り手に限りますが、返済の目処がついているならば、お金の貸借のリスクが少ない利用方法になります。

 

返済の見通しがついている場合は、突如お金を必要としたとき、消費者金融系を頼ることは、便利で利用価値があると思われます。

しかし、便利過ぎるが故、返済が見込まれない人でも簡単に利用することができる点は防ぎたいですね。

 

現在、消費者金融から借りることができる総額が決められています(年収入の1/3まで)と決められていることで「お金の借りすぎの防止」や「多重債務の防止」となっています。

 

この規制が緩和されようとしています。

 

消費者金融からの融資がいとも簡単に受けられるうえに、この規制の緩和が加わると、どうなるでしょう。

 

どのような人が消費者金融を利用するのか
貸借の限度額が定められなくなったらどうなるのか
返済できなくなったらどうなるのか

 

消費者金融からお金を借りる人が増え、それに比例して返せない人も増えたとき、日本の経済、また、治安はどうなるでしょう。

 

「自分には関係ない」と目を背けていられるでしょうか。