スピード審査には、スムーズな勤務先への在籍確認が必要

審査の際の在籍確認

キャッシングの審査で大きなポイントになるのは、会社など勤務先への在籍確認です。

 

即日融資や最短30分審査などのサービスを提供している所でも、会社の在籍確認が取れなければ審査結果は出ません。

 

例えば平日に定休日があるお店で勤務している場合、定休日である休日に審査を申し込んでも結果がその日のうちに出ない事もあります。
勤務先が正月など長期休業していれば、営業開始される日まで審査が通らず融資を受けられない場合もあります。

 

このようにキャッシングの審査と在籍確認は非常に親密な関係にある事を理解しておきましょう。

 

 

在籍確認のやり方

融資の審査の際の在籍確認方法は主に、勤務先への電話です。
こういった在籍確認の電話で同僚や上司にキャッシングの事がバレてしまうのではないか。と不安に思う人もいますが、融資の審査で行われる在籍確認はこういった配慮をしっかりしてくれます。

 

通常、審査を申し込んだ際には会社の事務所や拠点にいない時が一般的ですが、

 

こういった場合でも

  • 本人が会社にいない。
  • 休日、もしくは出先から審査申込をしている可能性が高い。

という事も承知の上で勤務先に電話して、

 

「○○さん(審査申込人)いますか?」と言って電話をしてきます。

 

この際に消費者金融の会社名やカードローンの話は一切せずに、審査担当の個人名で電話をしてくるのが一般的です。

 

こういった電話に対して応対した人が、
○○(審査申込人)は本日お休みを頂いてます。
現在外出中(席を外しています)

 

などの回答があれば、それで在籍確認は完了です。

 

○○(申込人)という者はうちの会社には在籍していませんが、他の拠点などの間違いなどでは?」などの回答があった場合のみ、在籍確認不備として審査は無条件で落ちる事になります。

 

 

本人が対応する場合

ネット申込の普及などもあり、本人が直接、勤務先での在籍確認を対応するケースも増えてきました。

 

本人が電話に出れた場合も、指定がなければ、キャッシングなどの話はせず、
確認したい事がありましたが解決しました。ありがとうございます」などの簡単な会話で完了になります。

 

在籍確認の対応を他の人がやることに抵抗がある場合は事前にこの日の○○時に、取引先の○○を装って電話してくれ。などと時間と内容指定をする事ができる場合もあります。

 

 

在籍確認不要の場合

会社への在籍確認不要のキャッシングではモビットが有名です。
もちろん例外もありますが原則会社への在籍確認不要で審査申込できますので融資までのスピードも安定しています。

 

この他のキャッシングやカードローンの審査では事前に会社に勤めている事を証明できる身分証や資料のコピーを送付すれば電話での在籍確認を省略してくれるケースもあるので、希望がある人は電話申込などを利用して相談してみるとよいでしょう。