その場しのぎで、審査の甘い金融機関でお金を借りることができても苦しい生活は続きます。

審査の甘い(ゆるい)会社

お金の貸借で「審査が甘い」ということは、それだけ危険性が高いということです。

 

「審査が甘い」ところを頼らなければならない場合は、お金を借りる前に、生活相談センターや金融の専門家(弁護士他)、現状を話せる人に相談するなど、冷静な判断が要されます。

 

審査が甘い機関で比較的名前が知られている3機関は、
ライブドアクレジット
ディック
OMCカード
が代表的です

 

  • ライブドアクレジットは、5社までならば、別のところから融資を受けていてもお金を借りることができます。

    参考までに、利子率は「15.0%~」です。

  •  

  • ディックは、7社まで別の金融機関から融資を受けていても、断られることはほとんどなく、お金を借りることができると言われています。

    利子率は「12.88%~」です。

  •  

  • OMCカードは、別の機関から6社以上でも、お金を借りられると言われています。

    月々の返済額が決まっているとされています。

 

 

また、あまり名前が知られていない中間ぐらいの消費者金融の審査が、さほど厳しくありません。

 

しかし「審査が甘い」金融機関を探さなければならない状況は、

  • 過去にお金の貸借があったとき
  • 何らかの理由で返済が遅れたことや、支払いが停滞したなどの経験がある場合
  • 現在いくつかの機関からお金を借りている(多重債務)

など、大手の金融機関から借りられない心当たりがあるのではないでしょうか。

 

どうしてもお金が必要で借りなければならないが、過去に思い当たることがあって借りられない場合は、まず、信用金庫や銀行などに直接出向き、状況を話し、融資の相談をすることが望まれます

相談するイメージ

 

いくつかの金融機関から融資を受けていることが、他のところから融資が受けられない理由であるならば、お金を借りず、金融に熟知した弁護士などの専門家を訪ね、借金の整理をすることが急務であると考えられます。

 

その場しのぎで、審査の甘い金融機関でお金を借りることができても苦しい生活は続きます。
無料で相談できる弁護士などの専門家に相談し、必ず借り入れたお金を整理してください。
今後の生活の見通しがつき、苦しい生活から解放されます。

 

「審査が甘い」をはじめ「審査が無い」、「すぐにお金を貸し出す」といった金融業者は、貸金業として届け出がされておらず、認められていない(闇金融)と判断できます。

 

絶対に連絡をとるなどの交渉をしないでしてください。