全般的に消費者金融は利子率が高いため、特に高額の借り入れは低利息の望みは少ないようです。

低利息で選ぶ即日融資

利子率(利息)を検討するうえで大切な点は、自分が借りる金額に対する利子率が低いかどうかということです。

 

たとえ500万円借りたいと思っていても、300万円の借り入れしかできないときは、その300万円に対する利子率を検討してください。
もしかすると300万円の借り入れであれば、別の機関で借りるほうが利子率が低いことがあります。

 

また、機関によっては希望の500万円を借りることができるかもしれません。
そのときは、500万円に対する利子率を検討し、返済時の見通しを立てたうえで、貸借の判断をすることが望まれます。

 

利子率は、借りる金額によって大きく異なりますし、借りる機関によっても特徴があります。

 

「低利息」を優先して考えると、銀行のカードローンネット銀行があげられます。

 

このとき、利子率のみに注目すると、「三菱東京UFJ銀行カードローン」がだいたい「4%代~14%代」に設定している利子率に対して「ジャパンネット銀行」は「2%代~18%代」であり、この2%代の利子率に目を引きます。

 

しかし、この2%代の利子率は、最高貸出額の1000万円に適応される利子率であり、ジャパンネット銀行で500万円を借り入れようとすると、だいたい5.5%~6.0%の利子率が適応されます。

 

この場合、500万円に対してだいたい4.6%~5.6%の利子率を適応する三菱東京UFJ銀行カードローンのほうが利息が低いと言えます。

 

 

低利息を調べる際に、各機関が設定している利子率のみに注目すると「2.5%~18.0%」「3.8%~13.8%」など、目を引く利子率があります。

 

このとき大切なことは、この率が適応される借入れ金額です。

 

この一番低い率が適応される借入れ金額と自分の借入れ金額が同じである場合は、検討したうえで判断が望まれますが、異なる場合は、自分が借り入れる金額に対する利子率がどれくらいであるかを確認し、他機関と比較検討することが重要です。

 

 

これらの事をふまえ借入れ金額を大きく分けて検討した低利息のベスト3は次のとおりです。

借入れ金額約1000万円の場合

 

住信SBIネット銀行 Mr.カードローン(プレミアムコース)

目安「900万円超~1000万円以下  利子率(年率)1.99%~2.49%」

 

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

目安「1000万円  利子率(年率)2.5%」

 

みずほ銀行 カードローン

目安「800万円以上~1000万円以下  利子率(年率)4.0%」

 

 

借入れ金額800万円(前後)の場合

住信SBIネット銀行 Mr.カードローン(プレミアムコース)

目安「700万円超~900万円以下  利子率(年率)2.49%~2.99%」

 

オリックス銀行 カードローン

目安「700万円超~800万円以下  利子率(年率)3.0%~4.8%」

 

りそな銀行プレミアムカードローン

目安「800万円  利子率(年率)3.5%」

 

参考

イオン銀行
目安「700万円、800万円  利子率(年率)3.8%」

 

 

借入れ金額500万円(前後)の場合

住信SBIネット銀行 Mr.カードローン(プレミアムコース)

目安「300万円以上~500万円以下  利子率(年率)4.49%~4.99%」
目安「500万円超 ~ 700万円以下  利子率(年率)3.49%~3.99%」

 

オリックス銀行 カードローン

目安「400万円超~500万円以下  利子率(年率)4.5%~8.8%」
目安「500万円超~600万円以下  利子率(年率)3.5%~5.8%」

 

三菱東京UFJ銀行 カードローン

目安「500万円  利子率(年率)4.6%」

 

参考
  • イオン銀行 カードローンBIG

    目安「400万円、500万円、600万円  利子率(年率)4.8%」

  • りそな銀行プレミアムカードローン

    目安「500万円  利子率(年率)4.9%」

  • 楽天銀行

    目安「500万円  利子率(年率)4.9%~7.8%」

 

その他、

  • じぶん銀行「3.9%~」
  • 東京スター銀行カードローン「4.5%~」
  • 新生銀行レイク「4.5%~」

 

こちらに名前があがっていない金融機関でも、良い点を備えている機関があります。

 

また金額によって利子率が異なるため、十分確認したうえで判断する必要があります。

 

消費者金融についても「プロミス」「アコム」「アイフル」などがあげられますが、全般的に消費者金融は利子率が高いため、特に高額の借り入れについては低利息の望みは少ないようです。

 

消費者金融からは、50万円以下の借り入れの際に検討すると良いでしょう。

 

「低利息」を優先してお金を借りる場合は、自分が借りる金額に適応される利子率をしっかり比較検討すべきですね。