高額の借入れは、借りる金融機関を十分に調べたうえで慎重に判断することが望ましいでしょう。

最大融資可能額で選ぶ

実際に希望して、借りることができるかどうかは審査次第ですが、融資の最高額が1000万円の金融機関があります。

 

金融機関が融資する最高額が1000万円として、最大融資可能額のベスト3は、以下のとおりです。

 

住信SBIネット銀行 Mr.カードローン(プレミアムコース)
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング
みずほ銀行 カードローン

 

 

 

参考として、事業者向けに「ビジネクスト」があります。
三井住友信託銀行およびアイフルから出資され設立しました。
ビジネスローンに関しては、どこの金融機関よりも古くから取り扱っています。
上限は1000万円の設定ですが、初回は上限500万円です。


 

 

住信SBIネット銀行

電話やインターネットなどの通信システムを利用して取引きを行うネット銀行の1つです。
基本的には店舗はありません。
必要な場合のみ最小限の店舗を保有しています。
自身の店舗を持たないため、現金自動預払機(ATM)も無いという理由から、人件費を始めとする諸経費の削減につながり、預金の利息が高く、手数料も安価になっていると言われています。
同時に、融資の利子率も低く抑えられています。

 

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスの両株式会社が出資してできたネット銀行です。
信託銀行と金融持株会社が共同しているため、預金、証券、融資などを取り扱っています。
通帳は無く、インターネット(Web上)での管理となります。

 

融資(ネットローン)は、銀行カードローンに分類されます。最高額1000万円の融資の基準は、プレミアムコースに属していることが必要です。2011年までは、オリックス・クレジットの審査に通り、保証会社もオリックス・クレジットであればプレミアムコースだと言われていました。現在は、ネットで自分の契約を確認し、お金を貸借する際、保証会社がオリックス・クレジットであれば、プレミアムコースです。

 

銀行のカードローンであるため、総量規制(個人が借入れできる金額は年収入の1/3まで)は適応されません。

 

ジャパンネット銀行

日本で初めて開設されたネット銀行です。
三井住友銀行の傘下で、三井住友銀行とヤフー株式会社の持分法適用会社です。
銀行カードローンであるため、総量規制はあてはまりません。

 

みずほ銀行カードローン

ネット銀行ではありませんが、インターネットを利用して申込みできます。また、みずほ銀行やコンビニエンスストアに設置されている現金自動預払機(ATM)から、借入れ、返済ができます。

 

その他、限度額を800万円に設定している

  • 三井住友銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG
  • りそな銀行プレミアムカードローン

などがあります。

 

設定されている最高額を希望しても、借りることができるかどうかは審査次第ですが、たとえ急に1000万円近いお金が必要になった場合でも、即日融資は慎重に、後の返済の計画を確実に立てたうえで検討する必要があると考えられます。

 

インターネットなどの通信システムを利用して便利に手続きできますが、金額や借りる理由によっては、窓口で説明を受け検討するほうが、より良い方法で借入れることができることもあります。

 

高額の借入れは慎重に、借りる金融機関についても、よく調べたうえで判断することが望ましいでしょう。